斑入りモンステラの培地は何がいい? 試した結論はコレでした。

ヤシガラ系培地の写真

斑入りモンステラの培地は水はけが大事。水には強いけど通気性もないとうまく発根しませんし枯れちゃいます。

モンステラブ

栄養分が高く動かない水は根腐れの元になるので粘土質の培養土はNGです!

水栽培もいいけど、根がない状態だと斑入りモンステラは発根が難しいので避けた方が無難です。せめて一本でも気根などがあればいいのですが。

モンステラブ

斑なしのモンステラなら強くて発根しやすいですけどね。

色々試してみた結果、バーミキュライトやヤシガラ系のものを培地に加えるとかなりいい感じに育つことがわかりました。最近はこの2つは必ず培地作りに加えています。それではさらに詳しく以下に説明していきますね。

私が作っている斑入りモンステラ培地はこんな感じ

私がまず斑入りモンステラの培地に必ず加えるのはバーミキュライトとヤシガラです。これらは水はけをよくするだけでなく発根促進になるんですよね〜。

モンステラブ

根が出てない斑入りモンステラを水だけで栽培し、発根しなくて失敗した人は他にもいるはずだw

バーミキュライトは小分けで買うと高いですが、ネット(Amazon)でまとめ買いすると結構安く買えるのでおすすめです。

バーミキュライトの写真

またヤシガラ系はベラボンの一番いい『ベラボン・プレミアム』がいいですが、なければ安いヤシガラ系の素材でも大丈夫です。(ただし肥料等がはいっているのでその辺の計算は注意が必要。)

ベラボン・プレミアムの写真

すてられるかる〜い培養土の写真

これらを普通の培養土か、できれば室内で栽培する方が多いと思うので軽い培養土に混ぜましょう。

一般的な培養土の写真

かる〜い培養土の写真

さらに通気性を高めるために、硬質赤玉土を加えたり、

硬質赤玉土の写真

良くない成分を除去するためにくん灰やゼオライトを加えるのもおすすめです。私はゼオライトを基本的に追加しています。

くん灰の写真

ゼオライトの写真

今のところこれで十分生育しておりますが、斑入りモンステラは栄養成分が多いと斑が消えやすい傾向にあります。そんなときは軽い培養土の比率を減らして無機質の培地(鹿沼土や赤玉土、日向土(ひゅうがつち)などを使用しましょう。

斑入りモンステラはベラボンなどのヤシガラ単品培地もおすすめ!

少し値段が高くついても良いって方にはヤシガラ培地のみので育てるのも一つの手です。以下のようなメリットがあります。

ヤシガラ培地のメリット

  • 培養土に比べてコバエなどがわきずらい。
  • 見た目がキレイ。
  • 水はけが良く発根もいい。
  • ボルシギアナ ホワイトタイガー ハーフムーンの写真2

    モンステラブ

    ちょっと値段は高くなりますが高価な斑入りモンステラをダメにすると思えば安いものです。

    ただし水はけがよすぎるので水の管理がちょっと大変。あと液体肥料や粒状の肥料などをうまく調整して育てていく必要性があります。私が使っている液肥についてもまたこんど記事を書いていきますね。

    モンステラブ

    管理はちょっと大変ですが、液肥を使えば栄養分をコントロールしやすいです。栄養の与え過ぎをさけたい人におすすめです。