斑入りモンステラの育て方と注意点。特に葉焼けには気をつけてね!

ボルシギアナ ホワイトタイガー ハーフムーンの写真4

斑入りモンステラの育て方で特に注意したいのは以下の3つです。葉焼けには注意している方が多いですが、他の二点も重要ですよ。

モンステラの育て方注意点

  • 葉焼けに注意
    色素が薄いので強い光に弱いです。
  • 水のやりすぎに注意
    成長が遅めなので水をやりすぎると吸収しきれず根腐れを起こしやすくなります。
  • 肥料のやり過ぎに注意
    栄養分が多いと斑が消えやすい傾向にあります。肥料を制限したり無機質培養土を使いましょう。
  • ただし少なめの斑入り株なら意外と日光に強く、軒下に置いていても春や秋ならなかなか葉焼けしません。

    モンステラブ

    ただし室内で出た葉っぱは色素が少ないのか外の光に対応しきれず葉焼けしやすいです。

    室内で徒長し始めたら軒下など半日陰の場所や、西日が当たらない場所に移動するのもいいですよ。(だけどいきなり強い光に当てると葉焼けするので少しづつならせましょう。)

    モンステラブ

    しっかり斑が入った極斑系は流石に強い直射日光に当てるのはダメです。

    それ以外にモンステラ全体の育て方として注意したいポイントは寒さですね。寒さはある程度大きな株であればマイナス数度程度なら越冬します。そのかわりかなり葉落ちは激しいですが。見た目は悪くなります。

    モンステラの葉が寒さで葉が枯れるとそこから葉は出ません

    斑入りモンステラはマイナス数度ぐらいなら寒くても越冬はします。しかし以下のようにだんだんと黒くなり葉が落ちてしまいます。

    20210101-斑入りモンステラ6

    20210110~13-斑入りモンステラ4

    しかしそこから葉が出ることはありません。春になると上から出る新しい葉が出てくるだけです。

    新しい葉が出始めたモンステラ『ボルシギアナ』の写真

    こうなったたら上から出てくる葉を楽しむか、新しい芽が出てくるのを待つしかないです。あとは枝をカットして挿木をするかですね。

    モンステラブ

    地植えで地上部が枯れた場合は新しく芽を出すまで我慢しなくてはいけません。体感的に5月ぐらいまで我慢が必要。

    水のやりすぎと水抜けが悪い培養土の成分に注意!

    水耕栽培しているヒメモンステラ

    モンステラって水耕栽培ができるように水や湿気には意外と強いんです! ですが水が流れずその場にとどまり有機物が多いと腐って根腐れを発生させます。

    モンステラブ

    そうなると枯れてしまいます!

    だからしっかりと水はけのいい培養土を使用しましょう。私は市販の培養土をカスタマイズするかベラボンプレミアム単体で使用しています。

    根が成長した緑斑ミントデリシオーサ写真

    斑入りモンステラの培養土は何がいい? ベラボンを混ぜて使うのもおすすめだよ

    斑入りモンステラは大きく育てたくても肥料のやりすぎに注意!

    モンステラって最初は以下の写真のように細い状態です。

    子株の斑入りモンステラ写真

    そこから以下のようにだんだんと太く長く育っていきます。

    モンステラ ホワイトタイガーの幹写真

    その中で重要なのは光をしっかり当て、子株に栄養を取られないようにして育てていくこと。また気根もうまく地中に誘導して栄養を取りやすくしてあげると良いですね。

    モンステラブ

    詳しくは以下の記事を見てね。

    斑入りモンステラの幹(茎)を太くするやり方。斑が消えないように注意!

    だけど重要なのは肥料をやりすぎないこと! 肥料をやりすぎると斑が消えやすくなります。うまく他のストレス(乾燥・切断など)を使えれるといいですがなかなか難しい。

    モンステラブ

    あとモンステラって最初は細くても以下の写真のように成長するごとに幹が太くなっていくのであせらず育ててね。

    太くなるモンステラの写真

    横に広がるモンステラは仕立て直すか品種を見直そう

    モンステラってどんどん伸びて横に広がりやすいです。その対策として一般的に行われるのが支柱による仕立て直し。私も伸びて広がってきたモンステラやカットして根が弱いモンステラに支柱を使っています。

    モンステラブ

    ある程度の長さまでは支柱でいいけど、伸びすぎたときはカットして仕立て直そう。

    ですがそれ以外にも注目する点があります。それは品種選び。ボルシギアナは伸びて横に倒れやすいですがデリシオーサはなかなか伸びて倒れてきたりはしません。

    モンステラブ

    節間が短く太く育ちやすくて管理が楽です。その代わり葉っぱはボルシギアナにくらべて大きくなるのでスペースが必要。

    斑入りデリシオーサの種類。値段の高い品種が多いですよ。
    斑入りボルシギアナの種類。葉は小さめで節間が長いのが特徴

    また光不足のとき植物は徒長と呼ばれる枝が伸びる現象を起こします。そうなると長くなり倒れやすくなりますよね。

    モンステラブ

    室内栽培だと光が不足しがちになります。

    そんな時は植物育成ライトで光を補光しましょう。

    室内観葉植物(斑入りモンステラなど)におすすめの植物用ライト

    いつの間にか発生するモンステラの虫に注意!

    コバエ粘着シートの写真

    室内だから安心しているといつの間にかモンステラに発生している虫たち。葉っぱにはカイガラムシなどが気づくと下から上がってきています。

    モンステラブ

    窓を開けたときに侵入してきた? それとも外に出したときについてきたんだろうか?

    農薬で殺虫するのもいいですが、あまり農薬を使いたくない場合は水をかけて洗い流したり、布でふくなどの対応でもOKです。

    モンステラブ

    私は両方やっています。

    また有機物を含む培養土を利用していると発生しやすいのがコバエ。冬場は発生が抑えられますが、暖かくなってくるとかなりの速度で増えてきます。

    モンステラブ

    誘因殺虫器具・殺虫剤・粘着剤などを組み合わせて対応しましょう。くわしくは以下の記事でまとめていまうす。

    コバエがモンステラの土から発生したときの駆除&対策方法