斑入りボルシギアナの種類

ボルシギアナ ホワイトタイガー ハーフムーンの写真2

斑入りのデリシオーサよりひと回り小さい斑入りのボルシギアナ。室内でも育てやすい品種です。

モンステラブ

部屋での存在感はデリシオーサに負けるけど、扱いやすいのが魅力。

そんな斑入りのボルシギアナにはどんな種類があるのかを簡単にまとめました。

ボルシギアナ アルボ(白斑)

ボルシギアナ アルボの写真

まずはアルボと言われる白斑入りのボルシギアナです。斑が多いものから少ないものまでかなり幅が広いです。

モンステラブ

斑が最初少なくても切り返していると増えてきたりもしますよ。逆に消えていくこともありますが。

この個体だと最初は斑が少なかったけれど、寒さのストレスにあて、大きく切り戻したら以下のように斑が増えてきました。

ボルシギアナ アルボの写真3

ボルシギアナ アルボの写真2

斑が少なかってもあきらめずに育てているといろんな変化を見せてくれますよ。

ボルシギアナ ハーフムーン

ボルシギアナ ハーフムーンの写真

葉の半分が斑入りになっている個体をハーフムーンと言います。まずはくっきりと緑色の部分と斑の部分が分かれている個体を紹介しますね。

ボルシギアナ ハーフムーンの写真2

紙に色がにじんでいるかのようにしっかりと色が分かれている斑入りです。

ボルシギアナ ハーフムーンの写真3

ハーフムーンになる個体は基本的に茎の部分に強い斑のラインが入っています。逆に入っていないと一発だけのハーフムーンになる可能性が高いので注意してね。

ボルシギアナ ハーフムーンの写真4

ボルシギアナ ハーフムーンの写真5

ハーフムーンを『ヤフオク』でチェック!
ハーフムーンを『メルカリ』でチェック!

ボルシギアナ ホワイトタイガー

ボルシギアナ ホワイトタイガー ハーフムーンの写真

細かな強い斑入りになっているものをホワイトタイガーと呼びます。最近は強めの斑入りのものならなんでもホワイトタイガーって呼んでいる感じになっていますね。しっかりとした区分けが欲しい。

モンステラブ

ホワイトタイガーでも以下のようにハーフムーンになるものがあります。

ボルシギアナ ホワイトタイガー ハーフムーンの写真4

ボルシギアナ ホワイトタイガー ハーフムーンの写真2

緑と白色にはっきり分かれているハーフムーンだと斑がなくなるとあまり価値がなくなります。ホワイトタイガーのような個体だとハーフムーンが崩れてもキレイなので個人的にはこちらの方がおすすめですよ。

ボルシギアナ ホワイトタイガー ハーフムーンの写真3

そしてホワイトタイガーは茎の部分に細い斑の線がいっぱい入っています。

ボルシギアナ ホワイトタイガー ハーフムーンの写真6

さらにハーフムーンになる個体は太い斑の線もあり、茎の部分を見ているだけでも楽しめますよ!

ボルシギアナ ホワイトタイガー ハーフムーンの写真5

ホワイトタイガーを『ヤフオク』でチェック!
ホワイトタイガーを『メルカリ』でチェック!

ボルシギアナ オーレア(黄斑)

ボルシギアナの中で高値になっているのがオーレア(黄斑)です。黄色ですが時間が経過すると白くなっていくタイプの斑入りです。

モンステラブ

白斑部分の枯れやすさに疲れたらこちらを購入するのもいいですね。

オーレアを『ヤフオク』でチェック!
オーレアを『メルカリ』でチェック!

ですが、そういう場合であればデリシオーサの黄緑斑をお勧めしますよ。