緑斑系デリシオーサは美しいだけでなく育てやすさも最強クラス

極斑の緑斑デリシオーサ写真

最近ハマっているのが緑斑系デリシオーサ。グリーンオングリーン(Green on Green Variegated)やグリーンゴースト(Green ghost)などとも呼ばれている系統です。

モンステラブ

緑斑ではなく黄緑斑とも呼ばれたりしますね。

斑入りの部分が枯れこむことが少なく、株自体が丈夫で非常に育てやすい系統です。斑入りモンステラ初心者にオススメ!

モンステラブ

白斑系モンステラ(ホワイトタイガーなど)のような華やかさはないが、落ち着いたキレイさがあります。

最近はタネから育てた実生苗をオークションでときどき見かけるようになりました。キレイに育ったものは数十万円ぐらいしますが、小苗であれば数万円で手に入れることができます。

モンステラブ

そのかわり斑は不安定なので消えてしまう可能性がありますが。

斑の入り方もいくつか系統がありますのでここでは私が育てているいくつかの系統を紹介しますね。

緑斑系デリシオーサの種類

一口に緑斑系デリシオーサと言っても、その中にはいろんな種類の緑斑デリシオーサがあります。

モンステラブ

以下に色々紹介していきますね。まずは極薄く緑色にこまかく斑が入ったタイプ。

パッと見ただけではわからない緑斑

薄めの緑斑デリシオーサ写真

このタイプはほぼ緑色の斑なので葉の枯れ込みが全くみられません。そのかわり葉裏に斑入りの感じが出ないのがちょっと残念なところ。

薄めの緑斑デリシオーサ葉裏写真

斑がめだたないということはその分葉緑素が多く残っており、他の斑入りに比べて非常に育てやすいです。

モンステラブ

緑斑の中では育てやすさNo1です!

わかる人だけがわかるしぶい斑入り品種ですね。個人的には大好きです。

斑入り部分に緑がある程度残って形成された緑斑

斑入りにはなっているが、あるていど色素が残って形成された緑斑もあります。

斑入り部分にある程度色素が残っている緑斑写真

モンステラブ

本当のミントはさらにこの中に細かな斑が散らばっていますが。

こちらはうまく斑が残ってくれたら非常にキレイなのですが、かなり斑を残して栽培するのは難しい感じです。

モンステラブ

私も斑が消えてしまい切り戻して作り直そうとしています。

大きな部分斑入りは当然細かな斑入りと比べても弱いものです。そういう意味でもちょっと難易度が高め。そこだけは理解して育てましょう。

全体的に散らばる緑斑の極斑系

斑の入り方が強い極斑系は斑が細かいうちはキレイだけど枯れずらくていい感じです。

極斑の緑斑デリシオーサ写真

極斑の緑斑デリシオーサ写真2

モンステラブ

そのかわり値段もちょっと高めです。

ですが成長するごとに斑入りが大きくなっていく場合があります。そういった時は枯れ込みに注意しましょう。

モンステラブ

うまく育てれると非常にキレイです。

部分斑入りもバランスがいいとカッコイイ!

全斑の方が価値が高い傾向にありますが、部分的に斑が入ったタイプの方がバランスがよくキレイに見える場合もあります。

部分緑斑入りのデリシオーサ写真

モンステラブ

私はこういう丸っこくて部分的に斑が入っているものも好き。

また緑の部分が多いためかなり育てやすい系統になります。どんどん大きくなってもOKならおすすめですよ。

トリカラータイプの緑斑

こちらはトリカラータイプの緑斑です。こういう斑の範囲がおおきいものは枯れやすいので強い緑色のものを購入。

トリカラータイプの緑斑デリシオーサ写真

しかし残念ながら新たな斑入り葉は出てきませんでした。カットして新しい葉を出そうと考えています。

日光に当てるとすこし黄色っぽくなりがちな緑斑です

緑斑は遮光下の日光にあてるとすこし黄色っぽさが増します。しかしあまり当てすぎると日焼けしてしまいます。

またいきなり外に出すと日焼けしやすいので、外に出す場合は5月上旬までに外に出してすこしづつ太陽光にならしておきましょう。

モンステラブ

夏場にいきなり外に出すと、斑入りでなくても日焼けしますので注意!

まとめ

緑斑ってひとくちに言ってもいろんなタイプがありますね。自分好みのものを見つけてね。

モンステラブ

またこれら以外にちょっと変わったミント系?の斑入り品種もありますよ。以下にリンクをのせておきますね。

斑に変化がでてきた緑斑ミントデリシオーサ写真2

緑斑ミントのデリシオーサがどんどん変化しておもしろい!