『オスカーミント』は緑色のミント斑が美しい!

2つのオスカーズミント比較写真

斑入りテトラスペルマ(日本だとヒメモンステラと呼ばれるもの)の緑斑系でいいのないかなーって探していたら『オスカーミント(オスカーズミント、オスカーズバリエガータ)』と呼ばれる品種を見つけました。

モンステラブ

『オスカーミント』と一口にってもけっこうバリエーションがある感じ。いろいろ変異や交雑、環境などで変わるのかな?

薄斑タイプのオスカーミント(Oskar’s mint)

例えばこちらの系統であればパッと見て斑入りってわからないぐらいの斑をしています。

弱斑オスカーズミントの写真

光を当てて後ろから見ると結構透けているなーって感じでわかりますが、普通に前から見ると分かりずらいぐらいのレベル。

弱斑オスカーズミントの写真2

弱斑オスカーズミントの写真3

水分を吸収させて葉裏から斑を見ると区別がつきやすくなります。

弱斑オスカーズミントの葉裏写真

極斑タイプのオスカーズミント

逆に以下のように極斑になっているオスカーミントもあります。

極斑オスカーズミントの写真

そして温室栽培ものとあってかかなりワイルドな形態になっています。斑の入り方もただミント斑になっているだけでなく、部分ごとに色の薄さがことなっていますね。葉ごとに薄さもことなっています。

極斑オスカーズミントの写真2

極斑オスカーズミントの写真3

極斑オスカーズミントの写真4

極斑オスカーズミントの葉拡大写真

葉裏からもすこしわかりずらいですがミントっぽさが出ています。

極斑オスカーズミントの葉裏写真

これぐらい極斑だと太陽光にあてるのは葉焼けのリスクがあります。植物育成ライトとサーキュレーターを設置して室内栽培したほうがいいですね。

室内観葉植物(斑入りモンステラなど)におすすめの植物用ライト

これからどういう成長をしていくのか楽しみです。また、これら以外の緑斑については以下の記事でまとめています。

緑斑系デリシオーサは美しいだけでなく育てやすさも最強クラス